花粉症に使うマスクとシロップ

小児も服用可能なザイザルシロップとは

子供が花粉症で苦しんでいるのを見ると、保護者としては、早く何とかしてあげたいと思うものですが、ザイザルシロップがあれば、くしゃみや鼻水などの症状を抑えられるので、病院へ行って処方してもらうようにしましょう。
ヒスタミンH1受容体拮抗作用を持つザイザルシロップは、アレルギーによって引き起こされる、さまざまな症状を改善するお薬で、小児でも服用可能となっています。
製薬メーカー大手のグラクソ・スミスクライン株式会社が製造販売していて、有効成分レボセチリジン塩酸塩が、アレルギー性鼻炎を始め、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎等の治療に用いられます。

ザイザルシロップは、無色澄明のシロップ剤で、成人は通常、1回10mL、主成分としては5mgを、1日1回就寝前に服用するだけで効果があります。
年齢や症状に応じて、適宜増減されますが、1日の最高服用量は20mLなので、それ以上飲んではいけません。
小児が服用する場合、7歳以上15歳未満の小児は、成人の半分の1回5mLを1日2回、朝食後および就寝前に服用し、1歳以上7歳未満の小児は、1回2.5mLを1日2回、朝食後および就寝前に服用するようにしてください。
生後6ヵ月以上1歳未満の小児は、1回2.5mLを1日1回の服用を定められていますが、詳しくは医師や薬剤師に確認するようにしたいですね。
ザイザルシロップを飲み忘れた場合は、気がついたときにすぐ1回分を飲まなければなりませんが、次の服用時間が迫っている場合は、忘れた分は飲まずに1回分を飛ばすようにし、2回分を一度に飲むのはやめましょう。
誤って多く飲んだ場合は危険なので、医師や薬剤師に相談するようにし、医師の指示がないのに、自分の判断で飲むのを止めるのも避けてください。